トップ

購読について

バックナンバー
 2003年版
 2004年版
 2005年版

 2006年版

 2007年版

 2008年版 

 2009年版
 2010年版

 2011年版

 2012年版

 2013年版
 2014年版
 2015年版
 2016年版
 2017年版
 2018年版


表紙ギャラリー

アズクルー

リンク

お問い合わせ

免責事項

個人情報について

現在までに発行された各ナンバーのタイトル一覧です。ご興味のあるナンバーのタイトルをクリックすると、その号の目次をご覧になれます。

No.058 2008.01 ※残部少
ジェネリックが基本時代に突入する医療用医薬品
国際ジェネリック市場で何が始まっているのか

No.059 2008.02 ※残部少
“ジェネリック30%時代”に問われる原薬事情
〈関連インタビュー〉 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

No.060 2008.03 ※残部少
DPC病院におけるジェネリック採用の
              象徴となった造影剤
― 行政目標30%達成へ ―

No.061 2008.04 ※残部少
“慎重”だが“着実”に進む海外ジェネリック企業
 による日本市場へのアプローチのアプローチ

No.062 2008.05 ※残部少
重要性を増すジェネリック医薬品の安定性試験データ

No.063 2008.06 ※残部少
「新薬」「外資」「再編」「政策」・・・
激動の中でジェネリックメーカーは何処を目指すのか
4人の経営者が模索する次代の供給体制

No.064 2008.07
変貌するか? 大型成分ジェネリック転換の行方
〜ファモチジン、プラバスタチン、そしてアムロジピン〜

No.065 2008.08 ※残部少
瞭然となるジェネリック市場の地勢図
新用語「ジェネリック医薬品」は完成期へ

No.066 2008.09 ※残部少
輸入は「原薬」から「開発・製剤」へ拡大
−始まったグローバルジェネリック戦略−

No.067 2008.10
迷走する「ジネリック変更不可」サイン
−選択型処方せん2年半の成果と歪み−

No.068 2008.11
地域に見るジェネリック医薬品の普及要因
−始動する地方行政−

No.069 2008.12 ※残部少
先発品最期の聖域、抗がん剤に
         ジェネリック医薬品の波


copyright 2006 AzCrue All rights reserved.