トップ

購読について

バックナンバー
 2003年版
 2004年版 

 2005年版

 2006年版

 2007年版

 2008年版

 2009年版
 2010年版

 2011年版

 2012年版

 2013年版

 2014年版
 2015年版
 
2016年版
 
2017年版
 2018年版

表紙ギャラリー

アズクルー

リンク

お問い合わせ

免責事項

個人情報について

現在までに発行された各ナンバーのタイトル一覧です。ご興味のあるナンバーのタイトルをクリックすると、その号の目次をご覧になれます。

No.010 2004.01
新年特別号
・病院のジェネリック導入大作戦
・薬効分類別ジェネリック医薬品市場ダイアル

No.011 2004.02
「一般名処方」という名の常識がやってきた
ジェネリック地域特集・福岡県

No.012 2004.03
企業の益と公共の益
先発・後発医薬品の特許問題を解く

No.013 2004.04
走り出したジェネリック研究開発チーム
加速する新剤型開発と客観的な品質補償体制確立

No.014 2004.05
包括制度によってさらに確立される
           ジェネリックの必要性
「恵子・英樹・徹子を見た?始まったジェネリックテレビCM戦略」

No.015 2004.06
長期療養型病院に見るジェネリックの基本形
都道府県立病院の後発医薬品採用状況

No.016 2004.07
「マスターキー」に変貌し始めた
         原料・中間体・原薬企業
ジェネリック小国日本に危機が来る

No.017 2004.08
2004年追補特別号
2004後発医薬品・薬価基準追補収載一覧

No.018 2004.09
「このジェネリックに決定」ジェネリック導入を
行った医療機関の選択理由と採用基準

No.019 2004.10
ネット上で増殖する
   「ジェネリック医薬品」という単語

No.020 2004.11
新薬事法が変える医薬業界
見え始めた「基本的」とまだみえない「具体的」

No.021 2004.12
ジェネリック空白地帯・薬学部が変わり始めた
講義・実習・論文にジェネリックが登場

copyright 2006 AzCrue All rights reserved.